ビザ・労働許可書

労働許可書の返却期限は15日、TRCは?

自社で雇用している外国人労働者が退職した場合、その企業は退職した労働者の労働許可書とTRCの返却処理を行わなければなりません。ただ労働許可書の返却期限は法的に定められているのに対し、TRCは法的な期限が定められていません

外国人雇用承認における法改正

2024年1月1日より外国人の雇用承認を得るために、事前に同ポジションをベトナム人労働者で採れないことを証明しなければならなくなりました。しかし本件の法改正では具体的な手順は示されているものの、実務面においていくつか疑問

オーバーステイ歴のあるベトナム人への日本入国ビザ発給

研修目的でベトナム人従業員を日本に連れて行こうとする企業は珍しくありません。しかしその際にまず気になるのがビザの問題ではないでしょうか?各種条件を満たせば短期の研修ビザを取得するのは難しくありませんが、過去に日本での違法

ベトナムの在職証明書の取り扱い

労働者から在職証明書の発行を依頼されることがありますが、日本でも人事部などに属していなければ中々目にする機会のない書類の一つとなっています。今回はベトナムの在職証明書について発行を依頼されるケースや必要な記載事項などにつ

労働許可書で卒業学部の要件が撤廃された背景

ベトナムの労働許可書は取得要件が厳しいことから多くの企業が頭を悩ませていました。特に就業予定の職種と卒業学部の一致性を問われるのはハードルが高く、これによりベトナムでの就業を断念された方は相当数いらっしゃいます。ところが

パスポートを変更した場合の労働許可書処理

外国人がベトナムで何かしらの登録を行う場合、大抵はパスポート番号に紐づいて処理が行われます。ですのでパスポート番号が変更された場合はそれらの登録も改めて更新する必要があるわけですが、労働許可書やレジデンスカードについては

ビザは空港、大使館のどちらで取るべき?

ビザを申請してベトナムに入国する場合、ベトナムの空港到着時に取得するアライバルビザタイプと出国前にベトナム大使(領事)館で事前入手する方法があります。どちらにすべきかという話が時折上がりますので、今回はそれぞれのメリット

「出国ビザ」はどのようなケースで発給される?

ベトナムのビザを取得して滞在しているとあまり触れる機会のない「出国ビザ」というものがあります。今回はこの出国ビザの概要と日本人で発給される代表的な事例を紹介します。 出国ビザとは ベトナムのあらゆる外国人は永住者を除き滞

TRC紛失時における再発行手続きの流れ

レジデンスカード(以下:TRC)はパスポートと共に使用機会が比較的多く、持ち歩くこともありますので思いがけない紛失の目に遭うことがあります。ではTRCを無くした場合、どういった処理を行う必要があるのでしょうか?本記事では

TRCの更新が期限内に間に合わなかった場合

ベトナムに長期滞在する外国人のほとんどが必要となるレジデンスカード(以下TRC)の更新作業。有効期限をうっかり忘れていたり、更新に必要な書類の準備に手間取ったりなどで有効期限までに更新処理が間に合わないことがあります。こ