退職

労働許可書の返却期限は15日、TRCは?

自社で雇用している外国人労働者が退職した場合、その企業は退職した労働者の労働許可書とTRCの返却処理を行わなければなりません。ただ労働許可書の返却期限は法的に定められているのに対し、TRCは法的な期限が定められていません

ベトナムの在職証明書の取り扱い

労働者から在職証明書の発行を依頼されることがありますが、日本でも人事部などに属していなければ中々目にする機会のない書類の一つとなっています。今回はベトナムの在職証明書について発行を依頼されるケースや必要な記載事項などにつ

日越の「内定」に関する違い

内定取り消しに関するトラブルは求職者、採用側どちらからもよく聞かれる事項です。今回は企業側が何かしらの事情により内定を取り消しする必要が出た際の考え方について解説します。 日越における「内定」の意味合い 日本とベトナムで

労働者が休職する際の手続きの流れ

自社の従業員がやむを得ない理由で一時的に就業が難しくなった場合、退職か休業のどちらかを選択するのが普通です。もし従業員が退職ではなく休職を申し出た場合、企業としてどのように対応すればいいでしょうか。今回は従業員の休職に関

転職活動中のベトナム人によく見られる行動

労働法上では雇用契約の種類に基づいて退職の事前通知が義務付けられていますが、欠員補充に十分な時間を取るためできる限り従業員の入れ替わり傾向には敏感になりたいところです。退職しそうなスタッフを事前察知できればそれに応じた行

従業員から退職願いの撤回を求められた場合

従業員からの退職願いがあったにも関わらず撤回の申出があった場合、企業側としてはどのように対応ができるでしょうか。今回は退職願いの撤回があった際の考え方について紹介します。 退職願いの撤回があるケース 自己都合による退職願

退職した従業員のTRCの処理について

ベトナムでは雇用している外国人が退職した場合、その退職者にかかるTRCを回収して取り消す処理をする必要がありますが、規定上ではどのような流れで処理をすることになっているのでしょうか。本記事では退職者のTRC処理に関する規

採用した人材の労働許可書が取れなかった際の処遇について

ベトナムで現地採用者を新しく雇用したが、労働許可書(以下:WP)が取得できなかったという事例があります。この場合引き続き該当の人材を雇用することができなくなりますが、このような事態にあった場合で法令上の適切な対応について

短期離職者へ賠償金の請求:労働者はどう応じるべき?

日本人を採用するためにそれなりの費用をかけて採用する企業も少なくありません。そういった人材に対してはできるだけ長期的に働いてほしいと思うものですが、残念ながら短期で退職するというケースもあります。今回は短期離職者に対する

経歴詐称が発覚した従業員は解雇できるのか?

従業員の経歴や資格の詐称が発覚した場合、その従業員に辞めてもらうこともあるかもしれません。しかし経歴詐称と言っても一方的に解雇してしまうと思わぬトラブルに発展する可能性もあります。今回は退職を前提としたアプローチの仕方に